コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウリシク社会主義 うりしくしゃかいしゅぎ

知恵蔵の解説

ウリシク社会主義

北朝鮮が唱える独自の国家建設概念。故金日成(キム・イルソン)主席は内政・外交の両面でソ連のスターリン、中国の毛沢東を強く意識していたが、中ソ対立が激しくなったため、社会主義国家建設を指導するうえで主体性と独自性を重視した。それがウリシク(われわれ式)と表現される。約30年に及ぶ中ソ対立の狭間で悩んだ結果でもある。

(2008年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について | 情報

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android