ウリシク社会主義(読み)うりしくしゃかいしゅぎ

知恵蔵の解説

ウリシク社会主義

北朝鮮が唱える独自の国家建設概念。故金日成(キム・イルソン)主席は内政・外交の両面でソ連のスターリン、中国の毛沢東を強く意識していたが、中ソ対立が激しくなったため、社会主義国家建設を指導するうえで主体性と独自性を重視した。それがウリシク(われわれ式)と表現される。約30年に及ぶ中ソ対立の狭間で悩んだ結果でもある。

(2008年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

今日のキーワード

ダブルベーグル

テニス競技において、一方の選手がゲームカウント6-0で2セット連勝することの通称。真ん中に穴が空いたパンの一種であるベーグルの形が数字の「0」に似ていることが語源となっている。1セットの場合は単に「ベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android