コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

主体性 しゅたいせいsubjectivity

翻訳|subjectivity

5件 の用語解説(主体性の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

主体性
しゅたいせい
subjectivity

主体であること,主体的であることの意。主体性は現代的概念の一つであり,哲学的に新たな意味でとらえ直されたのは,主観が新カント学派にみられたように認識主観としてその形式的側面が主として問われたのに対して,生の哲学実存主義哲学,弁証法的唯物論などの現代哲学では実践,行為との関係において問題にされたことによる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しゅたいせい【主体性 subjectivity】

主体性ということばは,通常,自主性,個性,アイデンティティ自己実現自己決定,本来性authenticityなどとほぼ同義に用いられている。これらのことばに共通する含意は,個人あるいは集団が,外的・内的諸条件によって,当然〈あるべき自己〉であることを妨げられている状態を克服して,認識のレベルでも行動のレベルでも,本来的な〈自己になる〉ということである。したがって,このような解放的認識関心に根ざすこのことばが,人間解放運動とのかかわりのなかで用いられてきているのも不思議ではない。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

主体性
しゅたいせい
Subjektivittドイツ語

主観ないし主体と訳されるSubjektのもつ性格の意味。サブジェクトはもともと「下に置かれたもの」、すなわち性質や働きの担い手を意味していた。その点で、現在用いられている客体や基体と同義であった。その意味が逆転したのは、中世風の他律的なものから解放され、認識や道徳の原理が人間知性のなかに存するとした近世的人間の自主性の自覚から始まったと解せられる。とくにカントは、認識作用において主観が客観を構成するという超越論的主観性を主張した。ここでは主体性よりむしろ主観性という意味が強いが、ヘーゲルが「真なるものは主体である」と絶対的主体性を主張するとき、それは共同存在、すなわち精神の生命的運動の原理として存在論的意味をもってくる。さらにヘーゲルの普遍主義を否定し、状況に束縛されつつ生きる具体的個人を問題にし、キルケゴールが決断によって真の自己を回復する宗教的実存を、あるいはマルクスが社会的実践を行う人間の能動性を主体性とよぶとき、自らの生きている場において、既成の権威や思想に頼らず自覚的に決断し行為するという現代的意味が確立した。日本で主観と主体との差異を明確にしたのは三木清(みききよし)であるといわれている。主観が知識の次元で客観と対立的に用いられるのに対して、主体は行為の立場にあり、それに対立するのはやはり主体にほかならない。戦後、日本では、文学者や哲学者の間で主体性論争が闘わされた。[海老澤善一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

主体性の関連情報