ウルジャーイートゥー・ハーン(英語表記)Ūljā’ītū Khān

世界大百科事典 第2版の解説

ウルジャーイートゥー・ハーン【Ūljā’ītū Khān】

1281‐1316
イル・ハーン国第8代のハーン。在位1304‐16年。第4代のハーン,アルグンの息子。ラシード・アッディーンを起用して兄ガーザーン・ハーンの改革諸政策を推進し,イル・ハーン国史上最も安定した時代をもたらした。彼の時代,他の諸ウルスにも強力な統一政権が誕生し,ユーラシア大陸の東西がチンギス・ハーン一門のもとに一つに結びつけられた。自ら参画して編纂させた一種の世界史《集史》はこうした時代背景で生まれた。モンゴル帝国世界支配の記念物であり,当時の東西学術・文化交流の盛行を如実に示す証でもある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる