コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウルビーノのヴィーナス

1件 の用語解説(ウルビーノのヴィーナスの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉プラスの解説

ウルビーノのヴィーナス

イタリア、ルネサンスの画家ティツィアーノの絵画(1538)。原題《Venere d'Urbino》。のちのウルビーノ公グイドバルド・デッラ・ローヴェレの依頼により制作。ベッドに身を横たえる裸身のヴィーナスが描かれる。後世にフランスの画家マネがほぼ同じ構図を借用した作品『オランピア』を描いた。フィレンツェウフィツィ美術館所蔵。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ウルビーノのヴィーナスの関連キーワードティツィアーノモンテプルチアーノウルビーノ公夫妻の肖像聖愛と俗愛聖セバスティアヌスの殉教聖なる愛と俗なる愛田園の奏楽ヴィーナスとオルガン奏者とキューピッドヴィーナスの誕生《イタリア・ルネサンスの文化》

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ウルビーノのヴィーナスの関連情報