コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウルビーノのヴィーナス

デジタル大辞泉プラスの解説

ウルビーノのヴィーナス

イタリア、ルネサンスの画家ティツィアーノの絵画(1538)。原題《Venere d'Urbino》。のちのウルビーノ公グイドバルド・デッラ・ローヴェレの依頼により制作。ベッドに身を横たえる裸身のヴィーナスが描かれる。後世にフランスの画家マネがほぼ同じ構図を借用した作品『オランピア』を描いた。フィレンツェ、ウフィツィ美術館所蔵。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

ウルビーノのヴィーナスの関連キーワードウルビーノ歴史地区

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android