コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウルフネット

百科事典マイペディアの解説

ウルフネット

球面の赤道上の1点を視点とし,これを極とする大円面上に球面の緯線・経線を投影したもの。結晶の結晶学的方位や光学的方位をステレオ投影するのに便利。→ステレオ投影法
→関連項目結晶投影法

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典内のウルフネットの言及

【ステレオ投影法】より

…投影する半球を上半球にとるか下半球にとるかの選択は目的によって自由に決められる。 ステレオ投影法ではウルフネットが使われる。ウルフネットはステレオネットとも呼ばれ,ステレオ投影の際に設定される球面上にあらかじめ規則的な網目を描き,その網目を平面上にステレオ投影によって表した網面であり,ウルフG.Wulffが1902年に考案した(図2)。…

※「ウルフネット」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

ウルフネットの関連キーワード平射図法球面

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android