コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウルフネット

1件 の用語解説(ウルフネットの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

ウルフネット

球面の赤道上の1点を視点とし,これを極とする大円面上に球面の緯線・経線を投影したもの。結晶の結晶学的方位や光学的方位をステレオ投影するのに便利。→ステレオ投影法
→関連項目結晶投影法

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典内のウルフネットの言及

【ステレオ投影法】より

…投影する半球を上半球にとるか下半球にとるかの選択は目的によって自由に決められる。 ステレオ投影法ではウルフネットが使われる。ウルフネットはステレオネットとも呼ばれ,ステレオ投影の際に設定される球面上にあらかじめ規則的な網目を描き,その網目を平面上にステレオ投影によって表した網面であり,ウルフG.Wulffが1902年に考案した(図2)。…

※「ウルフネット」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone