コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

結晶投影法(読み)けっしょうとうえいほう

百科事典マイペディアの解説

結晶投影法【けっしょうとうえいほう】

結晶面や対称要素など立体的な特徴を平面上に投影すること。普通ステレオ投影法を用いる。結晶の中心を中心とする球で結晶を包み,中心から結晶面に立てた垂線と球面の交点をその面の球面投影(面の極という)とし,対称軸のような直線はそれ自身と球面との交点をその球面投影として,この球面をステレオ投影すればよい。投影図はウルフネットに描くが,結晶面はその極(点)で示し,対称要素はそれぞれの記号で示す。面角は二つの投影点を通る大円を描き,ネットの目盛から知る。また稜(りょう)や晶帯はそれに垂直な大円の投影で示すのが普通。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

けっしょうとうえいほう【結晶投影法】

結晶の形を平面上に表現する方法。結晶の晶癖(結晶面の形や大きさ)をあらわす必要がなければ,結晶面はこれに垂直な直線によっておきかえられる。そこで図1のように,結晶内の一点Oを中心とし結晶を包む球を考え,Oから結晶の各面(あるいはその延長)に垂線を引き,球表面との交点P1,P2などで結晶面をあらわすことができる。このようにすれば,結晶のすべての面は,球面上の点に還元される。そして結晶における面の交わりである稜(晶帯)は,P1,P2を通る大円に垂直となり,結晶のすべての晶帯は,球面上の大円でおきかえられる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android