ウルミーエ(読み)うるみーえ(英語表記)Urmīyeh

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ウルミーエ
うるみーえ
Urmyeh

イラン北西部、西アゼルバイジャン州の州都。ウルミーエ湖西岸にあり、標高1332メートル。人口43万5200(1996)。年降水量370ミリメートル。旧称レザーイーイェ。ゾロアスターの生地と伝えられている。アルメニア人、アフシャール人、トルコ人、ユダヤ人、ネストリウス派キリスト教徒などが多く住む。この町の周辺はイランでも豊かな地方で、人口密度も高く、果樹園、タバコ、ワタ畑などが一面に広がっている。[岡正孝]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android