ウンゲルン(英語表記)Roman Fyodorovich Ungern fon Shternberg

世界大百科事典 第2版の解説

ウンゲルン【Roman Fyodorovich Ungern fon Shternberg】

1886‐1921
ロシア革命後の内戦期にシベリアモンゴルで活動した反革命派軍人。エストニアに生まれる。はじめザバイカル地方でG.M.セミョーノフ配下にいたが分かれ,1920年10月外モンゴルへ侵入,翌年2月ウルガ(現,ウランバートル)を占領,外モンゴル自治の復活と反革命の拠点化を図った。当時モンゴル革命グループより援助要請をうけていたソビエト政府は,彼の侵入にともない,最終的に軍事介入を決断し,これがモンゴル革命への契機となった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android