コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウンゲルン Roman Fyodorovich Ungern fon Shternberg

世界大百科事典 第2版の解説

ウンゲルン【Roman Fyodorovich Ungern fon Shternberg】

1886‐1921
ロシア革命後の内戦期にシベリア,モンゴルで活動した反革命派軍人。エストニアに生まれる。はじめザバイカル地方でG.M.セミョーノフの配下にいたが分かれ,1920年10月外モンゴルへ侵入,翌年2月ウルガ(現,ウランバートル)を占領,外モンゴル自治の復活と反革命の拠点化を図った。当時モンゴル革命グループより援助要請をうけていたソビエト政府は,彼の侵入にともない,最終的に軍事介入を決断し,これがモンゴル革命への契機となった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

ウンゲルンの関連キーワードスフバートル(Damdinï Suhbaatar)ロマン ウンゲルン・フォン・シュテンベルグD. スヘバートルスヘバートルセミョーノフ

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android