ウンベルト(2世)(読み)うんべると(英語表記)Umberto(Ⅱ)

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ウンベルト(2世)
うんべると
Umberto(
(1904―1983)

イタリア王国最後の王。ビットリオ・エマヌエレ3世の長男。幼年時代から軍人教育を受け、1936年軍団将校となる。40年の対仏宣戦布告時に西部軍団司令官、42年に南イタリア軍団司令官に任命された。ローマ解放直後(44年6月5日)、反ファシズム諸政党からファシズム政権容認の責任を問われ、また連合国の勧告を受けた父王により国王代行を指命された。父王の正式退位によって、46年5月9日ウンベルト2世として王位につく。しかし、同年6月2日の国民投票で君主制廃止、共和国成立が決まり、6月12日に在位35日で王位を失った。サール伯の称号でポルトガルに亡命。その後36年間祖国の土を踏むことなく、ジュネーブで没した。[藤澤房俊]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

アイントホーフェン

オランダの生理学者。旧オランダ領ジャワ島のスマランに、陸軍軍医の子として生まれた。陸軍の給費学生としてユトレヒト大学に学び、医師となった。1886年ライデン大学の生理学教授に任ぜられ、兵役を免除された...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android