ウンム・カスル港(読み)ウンムカスルこう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウンム・カスル港
ウンムカスルこう

国連イラク・クウェート国境画定委員会による海上国境策定作業の結果,イラク領からクウェート領へ編入が認められたペルシャ湾に面する港湾。イラクにとってはペルシャ湾への唯一の出口にあたる重要な港湾であるだけに,その決定に対して激しく反発している。 1993年1月初め,イラク人部隊によって,湾岸戦争時にイラク軍が放置した装備を持ち帰ろうとする越境事件が発生したことが国連イラク・クウェート監視団 (UNIKOM) によって報告された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android