ウーイーシャン(武夷山)山脈(読み)ウーイーシャンさんみゃく(英語表記)Wuyi shan

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウーイーシャン(武夷山)山脈
ウーイーシャンさんみゃく
Wuyi shan

中国南東部,チヤンシー (江西) 省とフーチエン (福建) 省の境界をなす北東から南西方向の山脈。ポーヤン (鄱陽) 湖に注ぐカン (贛) 江などと,東シナ海に注ぐミン (閩) 江などとの分水嶺をなしている。平均標高 1000~1100mで,北東部のシャンリン (杉嶺) 山脈にあるホワンカン (黄崗) 山 (2158m) が最高峰。多くの谷が刻まれ,地形はけわしいが,古くから東西交通路が開かれていた。ホワンカン山麓のフェンシュイ (分水) 関,鉄道が通じているティエニウ (鉄牛) 関などの峠がある。山腹にはスギ類,マツ類,クスノキなどが繁茂。山麓には茶園が多く,特に半発酵のウーロン (烏竜) 茶の産地として知られる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報