ウーチヤーピーチウ(読み)うーちやーぴーちう

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ウーチヤーピーチウ
うーちやーぴーちう / 五加皮酒

中国の代表的薬用。カオリャンチウ(高梁酒)に薬草を浸してつくる酒で、ウコギの根皮を乾燥したものをはじめ、ブッシュカン、トウキ、チョウジ、ダイダイ、ビャクダン、ケイヒなど多数の漢方薬草を使う。酒色は黄色、紅色などがあり、アルコール分は40%台で、補糖されており、リキュール風の酒である。中国にはこのような草根木皮や動物の骨、体を用いた薬用酒がつくられている。たとえば、トラの骨を使った虎骨酒(フークーチウ)、トカゲを用いた蛤(コーチエチウ)、ハマナスの花を使った瑰露酒(メイコイルーチウ)、キンモクセイの花を使った桂花酒(コイホワチウ)などがある。[秋山裕一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

イオ・ミン ペイ

国籍米国専門建築家肩書I・Mペイ&パートナーズ社代表 米国芸術科学アカデミー会員生年月日1917/4/26出生地中国・広東省学歴マサチューセッツ工科大学(MIT)卒;ハーバード大学デザイン大学院修士課...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android