コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウールワース・ビル Woolworth Building

世界大百科事典 第2版の解説

ウールワース・ビル【Woolworth Building】

ニューヨークのマンハッタンにある超高層建築。高さ222.2m。ギルバートCass Gilbert(1859‐1934)が実業家ウールワースの社屋として設計し,1913年に完成。1870年以降のニューヨークの超高層ビルは本体部分の上に塔を載せてより高くみせ,壁面を階段状に後退させ,かつ外面に装飾を施すなどの造形的デザインが主流となっていたが,このビルはその代表的作品。後期ゴシック的な外観から〈大聖堂風の商業建築〉と呼ばれた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のウールワース・ビルの言及

【スカイスクレーパー】より

…一方,20世紀初頭のニューヨークでは,頂上に尖塔をのせ,随所に装飾を施した折衷様式の高層建築が流行し,シカゴの箱型建築と対比をなした。シンガー・ビル(1907)やウールワース・ビル(1913,C.ギルバート)などが代表例。大恐慌後の一大建設ブームの中で,クライスラー・ビル(1930,W.バン・アレン),エンパイア・ステート・ビル(1931,シュリーブ,ラム,ハーモン),ロックフェラー・センター(1931‐40,R.フードほか)が世界最高を競いあい,第2黄金期を築いた。…

【超高層建築】より

…その結果,ニューヨークでは20~30階建ての超高層建築が建設されるようになり,さらに,06年,H形鋼や広幅の鉄骨ばりが生産されると,40~50階とさらに階数を増していった。そして13年には商業の大聖堂と呼ばれるゴシック様式のウールワース・ビル(57階)が完成し,商業古典主義を代表する超高層建築となったのである。一方,20年代に入ると,フォードに代表される自動車産業をはじめとする各種産業が,第1次世界大戦後の好景気とあいまって興隆し,これを背景にニューヨークの町は土地投機の対象となり,土地価格を高騰させる結果となった。…

※「ウールワース・ビル」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ウールワース・ビルの関連キーワードフットロッカー

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android