エイゾー ローレンス(英語表記)Azar Lawrence

20世紀西洋人名事典の解説

エイゾー ローレンス
Azar Lawrence


1952.11.3 -
米国のサックス奏者。
ロサンゼルス生まれ。
ホレス・タプスコットのビッグ・バンドを経て、1970年クラーク・テリー5に参加してヨーロッパ楽旅を行う。帰国後、自己のバンド等で演奏後、’73年エルビン・ジョーンズ4に抜擢され、一躍注目を浴びる。同年4月、マッコイ・タイナー・グループのメンバーとなり、モントルー・ジャズ・フェスティバルに出演。その後、マイルス・デイビスGを経て、自己のグループで活躍。代表作は「アトランティス・/マッコイ・タイナー」(Milestone)など。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android