エイブリー ジョンソン(英語表記)Avery Johnson

現代外国人名録2016「エイブリー ジョンソン」の解説

エイブリー ジョンソン
Avery Johnson

職業・肩書
バスケットボール監督,元バスケットボール選手

国籍
米国

生年月日
1965年3月25日

出生地
ルイジアナ州ニューオリンズ

学歴
サザン大学

受賞
NBAスポーツマンシップ賞〔1998年〕,NBA最優秀コーチ賞〔2005年〕

経歴
1988年ドラフト外でNBAのスーパーソニックスに入団。以後、’90年ナゲッツ、’91年スパーズ、’92年ロケッツ、同年スパーズ、’93年ウォリアーズと毎年のようにチームを変え、’94年スパーズに定着。ポジションはガードで、リーダーシップに優れ、180センチ、83キロという小柄な体格から“リトル・ジェネラル”の異名を取った。’99年にはチームをNBAチャンピオンシップへと導く。’97〜98年シーズンNBAスポーツマンシップ賞を受賞。2002〜2003年マーベリックス、2003〜2004年ウォリアーズでプレーした後、現役を引退。2004〜2005年シーズンの終了直前の3月にマーベリックス監督を引き継ぐと、16勝2敗の好成績を挙げ、4月の月間最優秀コーチに選ばれた。2005〜2006年シーズンがスタートすると、11月に再び月間最優秀コーチに選出され、NBA史上初めて就任後2ケ月連続で月間最優秀コーチに選ばれた。同シーズンは60勝22敗と好調でマーベリックスを初のNBAファイナルへ導き、ファイナルではヒートに敗れたものの、監督1年目にして最優秀コーチ賞を受け、2006年2月にはオールスターのウェスタン・カンファレンスを指揮した。2006〜2007年シーズンは67勝15敗と8割を超える勝率を誇り、2007〜2008年シーズンも50勝以上を挙げてプレーオフに進出したが、2年連続でファーストラウンドで敗退し、監督を退く。2010〜2011年シーズン後、ネッツ監督に就任するも、2012年12月シーズン途中で解任される。

出典 日外アソシエーツ「現代外国人名録2016」現代外国人名録2016について 情報

最新 世界スポーツ人名事典「エイブリー ジョンソン」の解説

エイブリー ジョンソン
Avery Johnson
バスケットボール

バスケットボール監督
生年月日:1965年3月25日
国籍:米国
出生地:ルイジアナ州ニューオリンズ
学歴:サザン大学
受賞歴:NBAスポーツマンシップ賞〔1998年〕;NBA最優秀コーチ賞〔2005年〕
経歴:1988年ドラフト外でNBAのスーパーソニックスに入団。以後、’90年ナゲッツ、’91年スパーズ、’92年ロケッツ、同年スパーズ、’93年ウォリアーズと毎年のようにチームを変え、’94年スパーズに定着。ポジションはガードで、リーダーシップに優れ、180センチ、83キロという小柄な体格から“リトル・ジェネラル”の異名を取った。’99年にはチームをNBAチャンピオンシップへと導く。’97〜98年シーズンNBAスポーツマンシップ賞を受賞。2002〜2003年マーベリックス、2003〜2004年ウォリアーズでプレーした後、現役を引退。2004〜2005年シーズンの終了直前の3月にマーベリックス監督を引き継ぐと、16勝2敗の好成績を挙げ、4月の月間最優秀コーチに選ばれた。2005〜2006年シーズンがスタートすると、11月に再び月間最優秀コーチに選出され、NBA史上初めて就任後2ケ月連続で月間最優秀コーチに選ばれた。同シーズンは60勝22敗と好調でマーベリックスを初のNBAファイナルへ導き、ファイナルではヒートに敗れたものの、監督1年目にして最優秀コーチ賞を受け、2006年2月にはオールスターのウェスタン・カンファレンスを指揮した。2006〜2007年シーズンは67勝15敗と8割を超える勝率を誇り、2007〜2008年シーズンも50勝以上を挙げてプレーオフに進出したが、2年連続でファーストラウンドで敗退し、監督を退く。2010〜2011年シーズン後、ネッツ監督に就任するも、2012年12月シーズン途中で解任される。

出典 日外アソシエーツ「最新 世界スポーツ人名事典」最新 世界スポーツ人名事典について 情報

今日のキーワード

景気ウォッチャー調査

内閣府が2000年1月から毎月実施している景気動向調査。生活実感としての景況感を調査するのが狙い。具体的にはタクシーの運転手、小売店の店長、娯楽施設の従業員、自動車ディーラー、派遣従業員、設計事務所所...

景気ウォッチャー調査の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android