コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エイムス試験 エイムスしけん

大辞林 第三版の解説

エイムスしけん【エイムス試験】

アメリカのエイムス(B. N. Ames 1928~ )によって開発された、発癌性を調べる試験法の一。ある物質が特殊なサルモネラ菌に突然変異を起こさせる率により、発癌物質である可能性を判断する。サルモネラ-テスト。サルモネラ変異原試験。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

栄養・生化学辞典の解説

エイムス試験

 サルモネラテスト,サルモネラ変異原性試験,エイムス検定ともいう.突然変異原物質を短時間で検索する方法として開発された試験法.ヒスチジンの生合成に欠損のあるサルモネラの菌株が復帰突然変異を起こしてヒスチジンが存在しない培養基でも生育できるようになることを利用している.がん原性物質の検索にも適している.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android