エイリアン、異邦人・その行動

デジタル大辞泉プラスの解説

エイリアン、異邦人・その行動

アメリカの振付家ウィリアム・フォーサイスによるバレエ(1992)。原題《ALIE/N A(C)TION》。フランクフルト・バレエ団が初演。異邦人(alien)、異質な行動(alien action)、疎外(alienation)など、多義性を持たせた題名が付され、異質なものとの共存共生を表現している。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android