コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エオ─ エオeo-

岩石学辞典の解説

エオ─

この接頭語は,脱ガラス化作用または再結晶作用が行なわれたことを示す火山岩に用いる.また層位学的な意味でも使用し,例えばエオカンブリアン(Eocambrian)はカンブリア紀の最初の化石を産する層準より下の,先カンブリア時代末期層などに用いる[Nordenskjold : 1893, 片山ほか : 1970].ギリシャ語のeosは夜明け,曙の意味.

出典|朝倉書店岩石学辞典について | 情報

エオ─の関連キーワードエオバクテリウム東南アジア美術

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android