コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エオアントロプス エオアントロプス〈ラテン〉Eoanthropus

デジタル大辞泉の解説

エオアントロプス(〈ラテン〉Eoanthropus)

《曙人(あけぼのじん)の意》英国のピルトダウンで発掘された骨から名づけられた原始人類の名。のちに偽物と判明した。ピルトダウン人

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

エオアントロプス【Eoanthropus】

〔曙人あけぼのじんの意〕
イギリス人ドーソンが1911~15年にサセックス州ピルトダウンで発掘したという化石人類。1950年に、これはヒトの頭骨に類人猿の下顎かがくを組み合わせて、薬品で処理し加工した贋造物がんぞうぶつと判明。ピルトダウン人。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone