コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エオアントロプス 〈ラテン〉Eoanthropus

デジタル大辞泉の解説

エオアントロプス(〈ラテン〉Eoanthropus)

《曙人(あけぼのじん)の意》英国のピルトダウンで発掘された骨から名づけられた原始人類の名。のちに偽物と判明した。ピルトダウン人

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

エオアントロプス【Eoanthropus】

〔曙人あけぼのじんの意〕
イギリス人ドーソンが1911~15年にサセックス州ピルトダウンで発掘したという化石人類。1950年に、これはヒトの頭骨に類人猿の下顎かがくを組み合わせて、薬品で処理し加工した贋造物がんぞうぶつと判明。ピルトダウン人。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

エオアントロプスの関連キーワードピルトダウン事件類人猿頭骨

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android