コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エキノプルテウス幼生 エキノプルテウスようせいechinopluteus larva

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エキノプルテウス幼生
エキノプルテウスようせい
echinopluteus larva

ウニ類 (棘皮動物) の卵の発生が進んで浮遊生活に適した形になった幼生の総称。ピラミッド状の体の四隅から4対のと1本の対をなさない腕が出て,その中にはしご状骨格が発達してくる。腕の基部はよく発達した繊毛葉に囲まれる。これらの形態や付属物の有無などは種類によって異なる。幼生が十分に発育して体幹部がつくられると,腕は次第に吸収され,変態して全体が 1mmほどの稚ウニとなって底生生活に入る。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

だまされたふり作戦

「振り込め詐欺」に代表される特殊詐欺事件の警察による捜査手法の一つで、振り込め詐欺と思われる不審な電話があった時、被害者が協力してだまされたふりをし、容疑者の電話番号、振込先、訪問時間などを聞き出し、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android