コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エギーユデュミディ Aiguille du Midi

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エギーユデュミディ
Aiguille du Midi

フランス南東部,オートサボア県の山。アルプス山脈西部,フランス,イタリア,スイス国境上のモンブラン山塊中に位置する。シャモニー針峰群の最高峰。標高 3842m (南峰) 。南峰と北峰とから成る。シャモニーからロープウェーが北峰山頂まで架設されていて,展望は世界的に有名。山名は南の尖峰の意。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界の観光地名がわかる事典の解説

エギーユデュミディ【エギーユデュミディ】
Aiguille du Midi

フランスアルプスのモンブラン山系に属する標高4107mの山。◇登山とスキーリゾートとして知られる同国東部のモンブランの麓の町シャモニー(Chamonix)から、標高3842mのエギーユデュミディの山頂駅までの2800m以上の標高差を、1955年開通のロープウェイで登ることができる。中間点のプランドレギーユで2つ目のロープウエーを乗り継ぐが、その所要時間は合計およそ20分である。山頂駅付近にはパノラマを堪能できる展望台のほか、カフェレストランや土産物店がある。また、山頂駅からは、イタリア側モンブランの最高地点である3462mのジュアン氷河のポアント・エルブロネに向かうゴンドラリフトが運行している。シャモニーのロープウエー乗り場は、鉄道シャモニーモンブラン駅から徒歩10分ほどのところにある。

出典 講談社世界の観光地名がわかる事典について 情報

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android