エクィティ・オイル(英語表記)equity oil

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

産油国との契約に基づき生産原油のなかからコスト・オイルで取得することのできる原油をいう。旧来の利権契約においては生産原油のすべてをエクィティ・オイルとして石油会社側が取得していたが,産油国の自立意識の向上に伴う共同事業方式への切り替えにより,石油会社側の資本参加比率は半分以下に減らされ,エクィティ・オイルも資本参加比率に応じて減少した。産油国側は,自己取り分の原油を全量処分することが困難な場合,その一部を市場価格で石油会社側に売ることもある。これを石油会社側からみてバイバック・オイルという。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で使用できる仮想通貨の一つ。日本円のような法定通貨とは異なり、通貨としての機能を持つ電子データであり、1ビットコインは、1BTCという単位で表記される。仮想通貨と似たものに、オンライン...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android