コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エクスポート エクスポート

5件 の用語解説(エクスポートの意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

エクスポート

あるアプリケーションで作成したデータファイルを、異なるアプリケーションで読めるデータ形式に変換して、送り出したり書き出したりすること。エクスポートはデータの再利用を目的にしているため、多くのアプリケーションが対応している一般的な形式が使用されることが多い。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

パソコンで困ったときに開く本の解説

エクスポート

あるソフトで作成しているデータの一部または全部を、他のソフトで利用するためにファイル形式を変えて保存することです。「名前を付けて保存」や「形式を指定して保存」との違いは、作業中のデータがエクスポート前の状態のまま維持されることです。
⇨インポート

出典|(株)朝日新聞出版発行「パソコンで困ったときに開く本
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

エクスポート(export)

輸出。⇔インポート
他のアプリケーションソフトで利用できる形式にデータを変換する機能。⇔インポート

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

IT用語がわかる辞典の解説

エクスポート【export】

ファイルやデータを、異なるアプリケーションソフトで利用できる形式に変換して保存する機能。⇔インポート

出典|講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

エクスポート【export】

輸出すること。また、輸出品。
コンピューターで、あるアプリケーション-ソフトウエアが、別のソフトウエアで使用可能なデータを書き出すこと。 → インポート

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

エクスポートの関連キーワードWebアプリケーションサーバーデータファイルヘルパーアプリケーションアプリケーションプログラムアプリケーションソフト業務用アプリケーションソーシャルアプリケーションmixiアプリアプリケーション・フォーム/アプリケーション・フィーデータ・アプリケーション

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

エクスポートの関連情報