コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エクメノポリス ecumenopolis

デジタル大辞泉の解説

エクメノポリス(ecumenopolis)

メガロポリス・メトロポリス・ダイナポリスなどが成長発展してできるという未来都市。地球をくまなく網目状に結び合わせる状態を想定した語。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のエクメノポリスの言及

【ドクシアディス】より

…中近東諸国の都市計画を手がける一方,主宰誌《エキスティックスEkistics》や著書の中で独自の都市理論を発表。都市の発展軸を一方向に導き成長をコントロールしていく〈ダイナポリスDynapolis(動的都市)〉構想や,都市の拡大が地球全域に達し安定化した静的状態にいたる道すじを説く〈エクメノポリスEcumenopolis(世界都市)〉理論など,未来都市の形態を提言した。主著に《エキスティック・アナリシス》(1946),《新しい都市の未来像The New World of Urban Man》(1965,邦訳同年),《エントピアEntopia》(1966,邦訳1967)がある。…

※「エクメノポリス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

エクメノポリスの関連キーワードコンスタンチノス・A. ドクシアディスドクシアディス

今日のキーワード

やおら

[副]1 ゆっくりと動作を起こすさま。おもむろに。「やおら立ち上がる」2 静かに。そっと。「姫君、御硯(すずり)を―引き寄せて」〈源・橋姫〉[補説]文化庁が発表した平成18年度「国語に関する世論調査」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android