コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エクルベージュ ecru beige

1件 の用語解説(エクルベージュの意味・用語解説を検索)

色名がわかる辞典の解説

エクルベージュ【ecru beige】

色名の一つ。エクリュベージュ、または略してエクリュとも表記する。JISの色彩規格では「うすいみの」としている。一般に、やや明るいベージュのこと。エクルは生成りの麻など、ベージュは未漂白で未染色の羊毛や毛織物のこと。ベージュとほぼ同じ意味だが、イメージとしては広い範囲をさす。もとは染色業界の用語だったが、流行したため一般的な色名になった。衣料品に多く用いられる。和名は生成り色に相当すると考えてよいが、JISの色彩規格では「赤みを帯びた黄みの」としており、生成り色はエクリュベージュにくらべるとかなり白っぽい

出典|講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

エクルベージュの関連キーワードエクリン腺ブリュージュベージュインキュベーションエクリュエクルギャルリーサンチュベール聖アルジュベティ教会ベー白榴石ベーサイト

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone