コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エクレシア エクレシアekklēsia

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エクレシア
ekklēsia

古代ギリシアのポリス市民の集会。民会と訳される。民主政では国政の最高議決機関。 hēliaiaapella,agoraなどとも呼ばれた。全成年 (18歳以上) 市民男子が参加の資格をもち,その決定事項は,行政,立法,外交など国政のあらゆる面に及び,裁判も行う場合があった。アテネでは前5世紀の民主政期にその政治的重要性は最高となり,市民はだれでも発言する権利をもち,評議会 (ブーレ ) の準備した議案を審議し,国政最高の決議機関となったが,ヘレニズム時代にいたって,形式的に存在するにすぎなくなった。キリスト教では教会を意味する呼び名となった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

エクレシア(〈ラテン〉ecclesia)

教会。聖堂。天主堂。エケレジヤ

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

エクレシア【ekklēsia】

〔エクレジアとも〕
(古代ギリシャ諸ポリス、特にアテネの)人民会議。
キリスト教の、教会。教会堂。 → エケレジヤ

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

エクレシアの関連キーワード民会[古代ギリシア・ローマ]民会[古代ギリシャ・ローマ]キリスト・アデルフィアン派自由民[古代ギリシア]正義と平和評議会ディカステリオンキリスト教用語集原始キリスト教エフィアルテステミストクレスキリスト教美術アレオパゴス五百人評議会ストラテゴスエピスタテスドイツ美術ペリクレスカテドラル無教会主義ゲルーシア

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android