エス字型(読み)エスじがた(英語表記)sigmoidal

岩石学辞典の解説

エス字型

S字の形をしたものをいい,ゆっくり動いた熔岩流の内部などにこの構造が見られることがある.岩体の異なった部分の不等な動きによって作られた褶曲によってもこの形状が作られ,同様のことは動力変成作用で褶曲した岩石に発達することがある[Hatch : 1888].シグマ(∑)状ともいう.

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android