コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エゾボラモドキ

2件 の用語解説(エゾボラモドキの意味・用語解説を検索)

栄養・生化学辞典の解説

エゾボラモドキ

 [Neptunea intersculpta].バイ目バイ亜目の巻貝.ツブの一種.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

エゾボラモドキ
えぞぼらもどき / 擬蝦夷法螺
Neptune whelk
[学]Neptunea intersculpta

軟体動物門腹足綱エゾバイ科の巻き貝日本海三陸海岸北海道沿岸の水深50~300メートルの泥底にすみ、底引網やバイ籠(かご)(籠網の一種、ツブ籠ともいう)で漁獲される。殻高16センチメートル、殻径7.5センチメートルぐらいである。殻表は淡褐色で、肩は角張ることはない。殻表には多数の螺状肋(らじょうろく)があり、成長脈は明らかである。殻口内は黄褐色で、外唇はわずかに外側に反る。蓋(ふた)は木の葉形で革質、核は下端にある。食用にされているが、唾液腺(だえきせん)に含まれる毒のため酔うことがあるので、この部分は除く。生食にも加熱加工用にもなる。[奥谷喬司]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のエゾボラモドキの言及

【魚貝毒】より


[ヒメエゾボラ]
 この肉食性の巻貝の唾液腺にあるテトラミンが原因物質で,中毒症状は頭痛,悪寒,眠気などである。近縁種のエゾボラモドキの唾液腺にもテトラミンがある。
[ホタテガイなど]
 ホタテガイ,アカザラガイ,カキなどが時に有毒化する。…

※「エゾボラモドキ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

エゾボラモドキの関連キーワードエゾボラ

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

エゾボラモドキの関連情報