エダフトオベリア(英語表記)Obelia geniculata

世界大百科事典 第2版の解説

エダフトオベリア【Obelia geniculata】

ヒドロ虫綱ウミサカズキガヤ科の腔腸動物(刺胞動物)。世界中に広く分布し,日本沿岸にもふつうに見られる。浅海海藻やその他の上に付着する。ヒドロ茎の高さは1~2cmほど。ヒドロ莢(きよう)の柄の下の囲皮は厚くなっている。ヒドロ莢はヒドロ茎の上に左右交互に生じ,コップ状で口縁はまるくて平滑。生殖体は深いつぼ状で,ヒドロ莢をつける柄の上脇部に生じ,一つのヒドロ茎に数個見られる。近縁種にはヤセオベリアO.dichotomaとヒラタオベリアO.planaがあり,前者は北海道から本州中部までの浅海の岩石その他に着生し,高さ2cmほどの群体をつくる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

指定感染症

感染症法(感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律)の一類~三類感染症に分類されていない感染症のうち、一類~三類に相当する対応の必要が生じたものについて、1年間を期限に政令で指定する感染症...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android