コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エダフトオベリア Obelia geniculata

世界大百科事典 第2版の解説

エダフトオベリア【Obelia geniculata】

ヒドロ虫綱ウミサカズキガヤ科の腔腸動物(刺胞動物)。世界中に広く分布し,日本沿岸にもふつうに見られる。浅海の海藻やその他の上に付着する。ヒドロ茎の高さは1~2cmほど。ヒドロ莢(きよう)の柄の下の囲皮は厚くなっている。ヒドロ莢はヒドロ茎の上に左右交互に生じ,コップ状で口縁はまるくて平滑。生殖体は深いつぼ状で,ヒドロ莢をつける柄の上脇部に生じ,一つのヒドロ茎に数個見られる。近縁種にはヤセオベリアO.dichotomaとヒラタオベリアO.planaがあり,前者は北海道から本州中部までの浅海の岩石その他に着生し,高さ2cmほどの群体をつくる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android