コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エディアカラ化石群 えでぃあからかせきぐんEdiacara biota

知恵蔵の解説

エディアカラ化石群

先カンブリア時代末(約6億年前)の、世界各地の海成層から発見される化石群。最初に発見されたオーストラリア南部の地名に由来。カンブリア紀以降の化石と著しく異なる。骨格、殻、歯などの硬組織がなく、多くが扁平で、大きく成長する。かつては、クラゲ類、ウミエラ類、ゴカイ類などを含むとされたが、既知の分類に当てはまらない体系の生物とみなし、ベンドゾア生物と呼ぶ人がいる。摂食器、消化器循環器などの内部構造が見られず、表皮を通して拡散現象で外界と物質交換をしたとみられる。一方、生物たちが動いた跡が発見され、近年では、役割により分化した細胞を持つ多細胞動物とみなす説がある。エディアカラ生物群ともいう。

(小畠郁生 国立科学博物館名誉館員 / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について | 情報

エディアカラ化石群の関連キーワードエディアカラ動物群エディアカラ紀

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android