コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エディアカラ紀 えでぃあからき Ediacaran

1件 の用語解説(エディアカラ紀の意味・用語解説を検索)

知恵蔵2015の解説

エディアカラ紀

2004年8月にイタリアで開催された万国地質学会において、国際層序委員会により改訂された地質年代表が提案された。それによると、各系(紀)、各階(期)の境界を示す絶対年数がそれぞれ改変され、また原生代が3大別(古・中・新)され、最後の新原生代も3分されている。その最後期がエディアカラ紀(6億3000万年前〜5億4200万年前)と定義されて、従来使われることのあったベンド紀は採用されなかった。エディアカラ紀は、オーストラリア南部の地名に由来し、エディアカラ化石群により特徴づけられる。

(小畠郁生 国立科学博物館名誉館員 / 2008年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

エディアカラ紀の関連キーワードCOMDEX国際数学オリンピック国際博覧会パンパシフィック水泳選手権大会イタリアン万国平和会議アトミウムG7(Group of Seven)神保成吉海外公演

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone