コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エディアカラ紀 えでぃあからきEdiacaran

知恵蔵の解説

エディアカラ紀

2004年8月にイタリアで開催された万国地質学会において、国際層序委員会により改訂された地質年代表が提案された。それによると、各系(紀)、各階(期)の境界を示す絶対年数がそれぞれ改変され、また原生代が3大別(古・中・新)され、最後の新原生代も3分されている。その最後期がエディアカラ紀(6億3000万年前〜5億4200万年前)と定義されて、従来使われることのあったベンド紀は採用されなかった。エディアカラ紀は、オーストラリア南部の地名に由来し、エディアカラ化石群により特徴づけられる。

(小畠郁生 国立科学博物館名誉館員 / 2008年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

エディアカラ紀の関連キーワードニューファンドランド・ラブラドル州エディアカラ動物群地質時代

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android