エドワード・カルビン ケンドル(英語表記)Edward Calvin Kendall

20世紀西洋人名事典の解説


1886.3.8 - 1972.5.4
米国の生化学者。
元・ミネソタ大学教授,元・プリンストン大学客員教授。
コネチカット州サウス・ノーウォーク生まれ。
1908年コロンビア大学卒業後、’10年同大学で化学の学位を得る。、セント・リューク病院などを経て’14年ミネソタ大学メイヨー財団病院生化学部主任。’21年同大学生理化学教授。’51年プリンストン大学生化学部客員教授。’14年甲状腺ホルモンのチロキシン単離に成功。’30年から副腎皮質ホルモンの研究にとりかかり、’34年コーチゾンを単離して構造決定、合成に成功。その業績に対し’50年ノーベル医学生理学賞を受ける。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android