コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エネチャージ えねちゃーじENE-CHARGE

知恵蔵miniの解説

エネチャージ

自動車メーカーのスズキ株式会社が2012年に開発した減速エネルギー回生機構。既存のアイドリングストップ車専用の鉛バッテリーの他に高性能のリチウムイオンバッテリーを搭載し、高効率・高出カのオルタネーター(交流発電機)を採用している。通常、自動車は走行中に発電して充電するが、エネチャージでは減速時にガソリンを使わずにエンジンが動き続ける力(減速エネルギー)で発電し、充電する。これにより、発電によるエンジンの負担が軽減される。また、常時発電で消費していたガソリンが不要であることから、燃料消費も抑えることができる。14年には、このエネチャージの技術を応用した小型車向けハイブリッドシステムが同社によって開発された。

(2014-4-18)

出典 朝日新聞出版知恵蔵miniについて 情報

エネチャージの関連キーワード宣誓阿見201久仁明心憎い粕屋(町)周遊券ポエニ戦争大下 弘民間放送民放

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android