コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エヒメアヤメ えひめあやめ

百科事典マイペディアの解説

エヒメアヤメ

中国,四国,九州,東アジアの山地にはえるアヤメ科の多年草。花茎は高さ10cm内外で,1花を頂につける。葉は,花が終わった後長くのび,粉白緑色で薄い。花は青紫色で径3.5〜4cm。内花被片はやや小さく,直立する。愛媛県で初めに知られた。タレユエソウ誰故草)の名もある。
→関連項目アヤメ

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典内のエヒメアヤメの言及

【アヤメ】より

…シャガのように外花被片にとさか状突起をもつイリスは世界に11種がある。 エヒメアヤメI.rossii Bakerは朝鮮,中国東北部や日本の北九州,四国,山陽地方に自生し,まれに見られる小型の植物で,低山地の草原に生える。茎,葉とも高さ30cm内外,花も小輪でかれんで,古くからタレユエソウの名がある。…

※「エヒメアヤメ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

エヒメアヤメの関連キーワード佐賀県佐賀市久保泉町川久保豊浦(山口県)北条(愛媛県)広島県三原市防府(市)三原(市)下関(市)松山(市)佐賀(市)アイリス佐賀市松山市小林市三原市防府市雛菖蒲小串豊浦北条

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

エヒメアヤメの関連情報