コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エピソード記憶 えぴそーどきおく

ナビゲート ビジネス基本用語集の解説

エピソード記憶

個人的に体験された出来事についての記憶。 カナダの心理学者タルヴィングが、「命題記憶」の1分類として「意味記憶」と対比させた概念。 たとえば「みかん」という言葉から想起される「小さい頃、おばあちゃんの家のこたつで一緒にみかんを食べた」という思い出や、そこから連想される具体的な経験がエピソード記憶にあたる。さらに情景だけでなく「一緒に食べた子と、その後仲良くなった」といった時間軸を持つストーリーや、それに付随する感情もエピソード記憶に含まれる。また、同じ人でも「給食の冷凍みかん」「一面のみかん畑」などさまざまな記憶を回想できることから、エピソード記憶は恣意的な記憶といえる。 なお、エピソード記憶の内容はその人の置かれた状況に応じて変形しやすく、その真偽を客観的に判断することは難しい。

出典|ナビゲートナビゲート ビジネス基本用語集について | 情報

デジタル大辞泉の解説

エピソード‐きおく【エピソード記憶】

長期記憶のうち、個人的経験に基づくもの。個人が体験した日々の出来事の記憶であり、時間や場所、および感情を伴ったものとして記憶される。意味記憶に対比される。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

エピソード記憶の関連キーワードE. タルヴィング心の病気の特徴手続的記憶

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

エピソード記憶の関連情報