意味記憶(読み)いみきおく(英語表記)semantic memory

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「意味記憶」の解説

意味記憶
いみきおく
semantic memory

心理学用語。特定の場所や時間に関係せず,物事意味を表わす一般的な知識・情報についての記憶。たとえば「地球は1年で太陽のまわりを一周する」といった情報の記憶がこれにあたる。それに対して,個人的な経験思い出のように,いつ,どこで,どんなことがあったか,といった出来事についての記憶を「エピソード記憶」という。たとえば「きょう,学校でテストがあった」というような記憶がこれにあたる。 E.タルビングは,記憶情報の内容やその処理過程の相違を指摘し,これら2つの記憶概念を提唱した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

クアッド

《「クワッド」とも》多く複合語の形で用い、四つの、四倍の、などの意を表す。「クアッドプレー」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android