コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エホ(葉赫) エホYehe

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エホ(葉赫)
エホ
Yehe

中国,明代のフルン (扈倫) 四部 (海西女直) 所属の一国。始祖はモンゴル人であるが,のちにフルンのウラ (烏拉) を滅ぼし,明の開原の東北方鎮北関外のエホ河岸に位置したのでエホと称する。鎮北関で貢市 (貿易) をもったので,明朝では北関と称した。フルン四部のなかではハダ (哈達) とともに強国であり,盟主的立場でしばしば建州女直のヌルハチ (奴児哈赤) と対抗したが,天命4 (1619,明の万暦 47) 年にヌルハチによって滅ぼされた。エホの滅亡によってフルン四部はすべてヌルハチに併合されるにいたった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

エホ(葉赫)の関連キーワードフルン(扈倫)四部ハダ(哈達)

今日のキーワード

やおら

[副]1 ゆっくりと動作を起こすさま。おもむろに。「やおら立ち上がる」2 静かに。そっと。「姫君、御硯(すずり)を―引き寄せて」〈源・橋姫〉[補説]文化庁が発表した平成18年度「国語に関する世論調査」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android