エマニュエル パユ(英語表記)Emmanuel Pahud

現代外国人名録2012の解説

エマニュエル パユ
Emmanuel Pahud


国籍
スイス

専門
フルート奏者

肩書
ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団首席フルート奏者

生年月日
1970/1/27

出生地
スイス ジュネーブ

出身地
イタリア

学歴
パリ音楽院〔1990年〕卒

経歴
6歳からフルートの勉強を始め、パリ音楽院でデボスト、ラルデ、アルトーに学ぶ。1988年シュベニンゲン・コンクール第2位。’89年神戸国際フルート・コンクール第1位。’92年ジュネーブ国際音楽コンクール第1位。’92年Bunkamuraオーチャードホール・アワードを受賞。’89〜92年バーゼル交響楽団首席奏者。’92年ベルリン・フィルに入団、’93年首席ソロ奏者に抜擢され、楽団史上最年少のトップ奏者となる。2000年退団するが、2002年復帰。2000〜2001年ジュネーブ音楽院教授を務めた。年60回のペースでソロ活動も展開。EMI専属アーティスト。2008年バッハのフルートソナタ全曲をCD録音する。スイス、フランスの二重国籍を持つ。1990年より来日多数。

受賞
Bunkamuraオーチャードホール・アワード〔1992年〕 シュベニンゲン・コンクール第2位〔1988年〕;ドゥイノコンクール第1位;神戸国際フルート・コンクール第1位〔1989年〕;ジュネーブ国際音楽コンクール第1位〔1992年〕

出典 日外アソシエーツ「現代外国人名録2012」(2012年刊)現代外国人名録2012について 情報

今日のキーワード

きゃらぶき

魚貝類や野菜類をしょうゆで佃煮(つくだに)のように煮るものをきゃら煮というが、きゃらぶきは、フキの茎をきゃら煮風に煮たもので、初夏のフキを用いてつくるのがよい。フキの葉を切り落とし、茎は日干しにしてか...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

エマニュエル パユの関連情報