クラシック

精選版 日本国語大辞典「クラシック」の解説

クラシック

(classic classique)
[1] 〘名〙
① 古代ギリシア‐ローマの芸術作品のように、完成され調和のとれた形式の美しさを特色とする作品、あるいは流派。音楽、美術などでそうした特色を持った古典派の作品をもいう。古典派。
※文海の藻屑(1890)〈森鴎外〉「此論者は国文の語法を『クラッシック』と称して一概に排し」
※ルウベンスの偽画(1930)〈堀辰雄〉一「彼女の顔はクラシックの美しさを持ってゐた」
② 長い年月にわたって多くの人々の模範となり、また、愛好されてきた著述や作品。古典。
※読書放浪(1933)〈内田魯庵〉新著を閑却するはホントウの読書家に非ず「五年も十年も経って陶汰されないものならクラシックである」
③ 長い年月をへたもの。古風なもの。古めかしいもの。
※江戸から東京へ(1923)〈矢田挿雲〉一〇「本所駅は益々閑却せられ〈略〉市内の停車場中随一のクラシックとはなった」
④ 西洋の伝統的な作曲技法や演奏法による音楽。一般にジャズやポピュラー音楽に対して、バロック音楽あるいは古典派音楽から近代、現代に至る芸術音楽の総称として用いる。クラシック音楽。純音楽。
※この神のへど(1953)〈高見順〉三「クラシックをやってますの」
⑤ 「クラシックレース」の略。「三歳クラシック」
[2] 〘形動〙
① 古典派に属しているさま。また、古典的なさま。
※ネオヒューマニズムの問題と文学(1933)〈三木清〉一「クラシックな芸術ではあるが、『クラシックな人間』ではないと判断する」
② のちのちまで模範となるようなさま。
③ 古風なさま。典雅なさま。古めかしいさま。
※煤煙の臭ひ(1918)〈宮地嘉六〉六「横顔などは〈略〉クラシックな美貌の線がなめらかに其の額へと上ってゐた」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「クラシック」の解説

クラシック(classic)

[名]
古代ギリシャ‐ローマ時代の文学や美術などの古典作品。
文学・芸術において、時代を超えて認められる名作。古典。
《「クラシック音楽」の略》ジャズ・流行歌などのポピュラーミュージックに対して、西洋の伝統的な芸術音楽。
クラシックレース」の略。
[形動]
古典的。古典主義的。模範的。「クラシック作風
古風なさま。古雅なさま。クラシカル。「クラシック髪型」「クラシック雰囲気

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

半夏生

半夏ともいう。七十二候の一つで,本来は夏至後 10日目から小暑の前日までをいったが,現行暦では太陽の黄経が 100°に達する日 (7月1日か2日) を半夏生とし,雑節の一つとして記載している。この頃半...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android