エリア・ルール(読み)えりあるーる(英語表記)area rule

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

エリア・ルール
えりあるーる
area rule

面積法則ともいう。高速飛行時の飛行機の抵抗を減少させるための方法の一つで、とくに音速付近において効果が大きいとされる。従来は翼と胴体とで別個に高速化の対策を講じていたが、この法則では両者を一体として扱っているのが特徴である。まず飛行機を機軸と直角に切断し、その断面積を表す曲線図を描く。次にそれを理想的な流線形の回転体の断面積と比較し、機体断面積をこの曲線に近づける。その結果、主翼と交差する部分の胴体は、主翼断面積分だけ断面積が小さくなるが、機体の抵抗は理想的流線形の抵抗と等しくすることができる。1952年NASA(ナサ)(アメリカ航空宇宙局)のウィットカムRichard T. Whitcombの発見になるもので、軍用機にはしばしば用いられるが、民間機では実用性の面に問題があり、本格的に採用されたものはない。[落合一夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

SNS疲れ

《SNS tired》ソーシャルネットワーキングサービス(SNS)やメッセンジャーアプリなどでのコミュニケーションによる気疲れ。長時間の利用に伴う精神的・身体的疲労のほか、自身の発言に対する反応を過剰...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android