機軸(読み)キジク

  • きじく ‥ヂク
  • きじく〔ヂク〕

デジタル大辞泉の解説

機関や車輪などの心棒。
物事の中心となるところ。活動の中心。「内閣の機軸となる地位」
根本的な仕組み。構想。方法。「新機軸を打ち出す」
地球の自転の回転地軸

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① 車輪や機関の軸。
② 物ごとの中心になるところ、活動の中心。重要な地位。
※絅斎先生仁義礼智筆記(18C初)「されば仁智交際は万化の機軸と、深い哉」 〔後漢書‐馮異伝〕
③ しくみ。計画。方法。方式。工夫。
※南郭先生文集‐二編(1737)八・文荘先生墓碣「所著必機軸於己、遂称大著作云」
※一年有半(1901)〈中江兆民〉三「皆別に機軸を出さざる莫し、然らずんば何の尊ぶ可きことか之れ有らん」
④ 地球の自転の中心となる軸。地軸。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

国民皆保険

すべての国民をなんらかの医療保険に加入させる制度。医療保険の加入者が保険料を出し合い,病気やけがの場合に安心して医療が受けられるようにする相互扶助の精神に基づく。日本では 1961年に国民健康保険法(...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

機軸の関連情報