機軸(読み)きじく

精選版 日本国語大辞典 「機軸」の意味・読み・例文・類語

き‐じく ‥ヂク【機軸】

〘名〙
車輪機関の軸。
② 物ごとの中心になるところ、活動の中心。重要な地位
※絅斎先生仁義礼智筆記(18C初)「されば仁智交際は万化の機軸と、深い哉」 〔後漢書‐馮異伝〕
③ しくみ。計画。方法方式工夫
※南郭先生文集‐二編(1737)八・文荘先生墓碣「所著必機軸於己、遂称大著作云」
※一年有半(1901)〈中江兆民〉三「皆別に機軸を出さざる莫し、然らずんば何の尊ぶ可きことか之れ有らん」
地球自転の中心となる軸。地軸

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉 「機軸」の意味・読み・例文・類語

き‐じく〔‐ヂク〕【機軸】

機関や車輪などの心棒
物事の中心となるところ。活動の中心。「内閣機軸となる地位」
根本的な仕組み。構想。方法。「新機軸を打ち出す」
地球の自転の回転軸。地軸。
[類語](2中核中枢枢機枢軸枢要/(3仕方方法り方仕振り仕様しようよう方式流儀り口でん致し方手段手口メソッド方途定石てだて方便術計

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通 「機軸」の読み・字形・画数・意味

【機軸】きじく(ぢく)

弩のばねと、車の心棒。はたらきの中心となるところ。〔世説新語、讒険〕袁口才り、短長を能くす。~大いに親待せられ、(ほとん)ど軸を亂さんとす。俄(には)かにして誅せらる。

字通「機」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

柿落し

劇場用語。新築劇場の開場興行をいう。昔の劇場は,屋根を柿(こけら)でふき,完成のとき不用の板くずをはき落としたので,この語が生まれたという。...

柿落しの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android