コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エリトライ Erythrai; Erythrae

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エリトライ
Erythrai; Erythrae

小アジア,ミマス (現トルコのカラブルン) 半島に位置する古代ギリシア,イオニアの 12都市の一つ。ラテン名エリトラエ。前 453年頃アテネとの同盟を離脱,その後復活したが,ペロポネソス戦争末期 (前 412) ,再びアテネに反抗した。前 334年アレクサンドロス3世 (大王) によってアケメネス朝ペルシアの支配より解放され,ローマ時代にはアシア州の自治都市 (ムニキピウム ) として栄えた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android