エリナー・リグビー

デジタル大辞泉プラスの解説

エリナー・リグビー

イギリスのロック・バンド、ビートルズの曲。1966年8月に発表した13枚目のシングルで、全英第1位を獲得。「イエロー・サブマリン」と両A面だった。ポール・マッカートニーとジョン・レノンのどちらがつくった曲かという点で二人の主張が大きく分かれた。エリナー・リグビーという身寄りのない老女と誰からも相手にされないマッケンジー神父という架空の人物を描いたもの。アルバム「リボルバー」(1966年)に収録されている。「ローリング・ストーン」誌が選ぶ最も偉大な500曲第138位。原題《Eleanor Rigby》。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android