コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エルジンジャン Erzincan

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エルジンジャン
Erzincan

トルコ東部の都市。同名県の県都ユーフラテス川北岸,周囲を山山で囲まれた平野に位置する。 1071年にビザンチン領からセルジューク・トルコ領になり,16世紀にオスマン帝国に組込まれるまで地方王朝によって支配された。 19世紀末まで毛織物となめし皮工業によって東部アナトリアの中心地の一つであったが,第1次世界大戦中,ロシア軍の占領などによって衰えた。モヘア,敷物,銅製品の工業が盛ん。コムギオオムギジャガイモテンサイを産する。人口9万 799 (1990推計) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

エルジンジャンの関連キーワードエルジンジャン地震アルトゥン・テペアンカラの戦トルコ大地震

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

エルジンジャンの関連情報