コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エルドジカ えるどじか

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

エルドジカ
えるどじか
Eld's deer
[学]Cervus eldi

哺乳(ほにゅう)綱偶蹄(ぐうてい)目シカ科の動物。アッサム地方、ミャンマー(ビルマ)、カンボジア、海南島などに分布し、3亜種がある。頭胴長約1.8メートル、体高1.07~1.2メートル、体重80~150キログラム、角(つの)は最長1.13メートルの記録がある。毛色は季節によって異なり、冬季は暗褐色、夏には黄褐色となる。また、雌雄でも体色がわずかに異なり、雌は明るい褐色であるが、成獣の雄は暗褐色から黒色に近くなる。子には白斑(はくはん)がある。開けた低木地帯や河川、丘陵の間の平たい土地を好み、小群で暮らし、早朝、薄暮に採食に出る。3~4月が発情期で、約8か月の妊娠期間ののち秋に出産する。1産1子である。[増井光子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のエルドジカの言及

【ターミンジカ】より

…前方に向かってのびる特異な第1枝の角をもつアジア産のシカ。エルドジカともいう。体色は暗褐色の地にわずかに斑点が認められ,雄のくびにはたてがみがある。…

※「エルドジカ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

エルドジカの関連キーワードターミンジカターミン増井光子暗褐色

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android