コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エルニーニョ説 エルニーニョせつEl Niño theory

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エルニーニョ説
エルニーニョせつ
El Niño theory

エルニーニョ現象の発生が,穀物を中心とする国際商品市況の動向や,先行きのインフレ圧力を通して景気を鈍化させ,景気循環に呼応する可能性があるとする説。 1972年,エルニーニョ現象の発生により,ペルーのカタクチイワシの水揚げ量が激減し,アメリカでは農耕飼料の原料が不足することとなって,大豆の価格を急騰させた。これがアメリカの畜産物価格にはね返り,世界的規模でのインフレに火をつけた。このため 73年6月,アメリカのニクソン大統領は,大豆輸出を一時禁止した。このショックは太平洋を渡り,日本国内の豆腐生産などに大きな打撃を与えた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android