コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エレミヤの哀歌 エレミヤのあいかEkha; Lamentations of Jeremiah

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エレミヤの哀歌
エレミヤのあいか
Ekha; Lamentations of Jeremiah

旧約聖書中の一書。日本語訳では七十人訳 (→セプトゥアギンタ ) に従って『エレミヤ書』と『エゼキエル書』の間にあるが,マソラでは,『ルツ記』と『伝道の書』の間におかれている。作者は預言者エレミヤと言い伝えられるが疑わしい。むしろエルサレム陥落から捕囚民帰還の間に,他の者によって作られたと考えられる。5章の独立した詩から成り,形式に非常に特徴がある。1,2,4,5章は,それぞれ 22節から成り,3章も 66節 (22×3) から成る。また5章以外は各節の先頭の文字がアルファベットの順番に従って始るように配置されている。内容的には,3章に最も深い信仰の世界がのぞかれ,全体としては,エルサレム陥落前後の状況と苦悩が描かれ,それを通して作者の思想が展開されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

エレミヤの哀歌
えれみやのあいか

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例