コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エントモノチス エントモノチスEntomonotis

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エントモノチス
Entomonotis

軟体動物門二枚貝綱翼形目モノチス科モノチス属の一亜属。左殻はふくらむが,右殻は平らで,殻は薄く,鉸縁は直線状で,殻表には放射肋がある。中生代三畳紀後期の示準化石

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

エントモノチス(〈ラテン〉Entomonotis)

モノチス

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内のエントモノチスの言及

【モノチス】より

…分布が広く形態変化が速いので,三畳紀後期の示準化石として重視される。狭義のモノチスがアルプスを中心とするテチス海域に分布するのに対し,シベリア東部,日本,ニュージーランド,アンデス,ロッキーなど環太平洋地域の種はエントモノチス亜属Entomonotisに分類される。日本では宮城県歌津地方をはじめ,岡山県成羽地方,高知県佐川地方,熊本県八代地方の砂岩,泥岩にきわめて多い。…

※「エントモノチス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android