コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エントリモデル

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

エントリモデル

コンピューターの初心者を対象にした導入用モデル。一般にコンピューターベンダー各社は、初心者用途からプロフェッショナル用途まで、用途に応じたいくつかの製品ラインアップを持つのが普通である。このうち初心者をターゲットとした製品モデルがエントリモデルと呼ばれる。通常、エントリモデルでは、性能や容量、機能性よりも、使いやすさや低価格化が重視される。このほかエントリモデルにおいては、複雑な設定を行なわなくてもすぐに利用できるように、ソフトウェアがあらかじめプレインストールされていたり、イラストなどを豊富に使ったマニュアルなどが添付されたりするのが一般的。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について | 情報

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

エントリモデルの関連情報