エンドグリコシダーゼ(読み)えんどぐりこしだーぜ

  • endoglycosidase

世界大百科事典内のエンドグリコシダーゼの言及

【糖タンパク質(糖蛋白質)】より

…このように糖鎖の末端から作用していく酵素はエキソグリコシダーゼとよばれるが,作用する単糖の種類などについて厳しい特異性をもっている。さらに糖鎖を内側から切断して少糖を遊離する酵素(エンドグリコシダーゼ)の作用が加わり,糖鎖の異化を効率的に進めている。複合型糖鎖の分解には,少なくとも6種のエキソグリコシダーゼと1種のエンドグリコシダーゼが作用することが判明している。…

※「エンドグリコシダーゼ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報